きりんの Shall we ダンス?

アクセスカウンタ

zoom RSS 第17回 ルンバのリード

<<   作成日時 : 2007/01/13 15:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近はラテン(ルンバ)ばかり練習しているので、スタンダードを忘れちゃいそうです。
一応ビデオでワルツ、タンゴのおさらいをしているのですが、ルンバと違って広い場所と相手がいないとなかなか感じがつかめません。
この辺のバランスも取れる様にスクール等を検討中です。
個人レッスンが良いのは分かっていても、高くて手が出ません。
30分で¥5,000だもんね。きりんの経済観念が許さないw。お財布も許さないけどww
でもまあ、あてはいろいろあります。

さて、ルンバは先週の復習から。
まず左手のリード。
オープンヒップツイストの時は左足にのり過ぎない様に注意。
女性が後ろに押される感じになるから。
ここでは、女性がバックするのを戻す感じ、引っ張るのではなく、杭になって止める感じ。
女性の前進後、再び止めて、気持ち押す感じで女性を90度左にリードする。
そのまま2で右足を引いてバックすると女性は自然と前にリードされる。
ここで、少し(1センチ程度)引いて女性を左回転させ、ファンポジションにリードする。
文章にするのも難しいし、読んでも良く分からないかもしれないけど、実践するのも結構難しい。
ステップ等は言葉よりもやってみた方が以外と簡単だったりするが、リードに関してはかなり時間がかかりそう。

ハンドツゥーハンドでは、2で後ろにステップした後、3、4まで前進ステップ、1で相手に対峙する。
対峙するといっても一瞬で、そのまま2のバックステップに入る。
パーティ等で踊る時は4で対峙しても良いが、正式には4は前進ステップ。
3回目のハンドツゥーハンドの後は、スポットターンに入る為に4で対峙する。

ルンバは、2,3,4−1で1は休みという風にずっと教わってきたけれど、どうしても4−1で1ステップになってしまう。
これではルンバの緩急が見えてこないので、4で必ず体重移動を完了し、1はヒップアクション又は踏み換えのみを行う。

このクラスもあと2回、クラスの雰囲気にも先生にもだいぶ慣れてきました。
こういう安心できるクラスがあると別のクラスも受けてみようかなっていう気にもなります。
やっぱり初めてのクラスを受けるにはエネルギーが要ります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第17回 ルンバのリード きりんの Shall we ダンス?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる